ひとりひとりのガイアナイト

灯は小さくてもいつもあったかい
[初代呼びかけ人]
北の国から放映40周年事業実行委員会
タイトル筆・倉本聰

ひとりひとりのガイアナイトとは

わたしたちの住む地球。物凄い速さでテクノロジーが発達し人間の生活は豊かになってきたこととは裏腹に、地球は至る所で悲鳴を上げています。世界ではSDGsやカーボンニュートラルなど環境へ配慮した取り組みを進めています。そこで「ひとりひとりのガイアナイト」は持続可能な社会とは?本当の豊かさとは何か?を考え、ひとりひとりができるアクションをできる範囲、多様な方法で地球のことについて考える時間を持ちましょうという仲間への呼びかけです。

ガイアナイトの過ごし方は人それぞれ

まずは10月9日20:00-20:30の30分間。地球のことを一緒に考えませんか?誰と何処で過ごすかもあなたの自由です。何をするかも自由。例えば...

  • 部屋の電気を消し、ロウソクで過ごしてみる。
  • 外で焚き火を囲んで仲間と環境について話してみる。
  • 子供達と地球について考えてみる。

など、それぞれが想うガイアナイトをやってみてください。
この動きが広がれば、きっと地球は喜んでくれるはず。

「#わたしのガイアナイト」とハッシュタグをつけてSNSに発信しても面白いかも?

主役はひとりひとり。